日本中から厳選したお酒をお届け。

志田泉酒造のご紹介
志田泉の想い
志太泉は、明治15年初代「望月久作」が、創業しました。
「望月家」は藤枝の地主であった「杉村家」の分家として、余剰米を有効に利用する役割を担っていたようです。
酒の名前は地元の古くからの地名である「志太」にある「泉」のような酒という意味と
「志」し 「太 」く 「泉」のように湧き立つ酒を造りたいという願いを込めて「志太泉」と命名したと伝えられています。
「水」の酒
酒の香りと味わいを構成する要素は、極めて多様です。
その中であえて志太泉の酒の最大の特徴をあげるとすれば、水だと思われます。
志太泉の仕込水を活かしたきれいな香りと味わいがあるのが志太泉の酒です。