日本中から厳選したお酒をお届け。

若鶴酒造

< 前のページ
次のページ >
5件 [ 1-5 ]
若鶴酒造のご紹介
飲み手に感動を与える「美味い酒」
かつて若鶴酒造では、越後流と南部流、ふたつの地域の杜氏がそれぞれ蔵を持って技を競い合い、
より良い酒造りをめざした時期がありました。
双方の技術を受け継ぎ、それぞれの長所を活かす技を身につけたのが現杜氏です。
南部流の濃醇さと越後流の淡麗さがこの上ないバランスでとけあった、
若鶴酒造独自の味わいをお楽しみください。
濃醇旨口、唯一無二の味わい
創業家は江戸時代、砺波郡苗加(のうか)という地で当時旅籠を営んでおりました。
その時「苗加屋」というのれんを下げていたことから、その名を商品名としています。
南部流の濃醇さ、越後流の淡麗さを組み合わせて、飲み口のインパクトがありながらも、
後味はさっとキレる独自の味わいを編み出しました。